• ホーム
  • 組織の概要
  • 公益事業
  • 支援事業
  • 試験のご案内
  • 図書等のご案内
  • KMAプラザ
  • 採用情報

定款・財務等

令和3年度事業計画

 今後も「九州地域づくり協会定款」の趣旨に沿いながら、地域への貢献を目指して積極的な組織運営に努める。
 公益事業については、一般社団法人への移行に伴いまとめた公益目的支出計画に基づく4つの継続事業を実施して行く。
 収益事業については、社会的ニーズ等の把握を行いながら、協会にふさわしい業務に果敢に取り組み、技術力の更なる向上に努める。


Ⅰ 公益目的支出計画に基づく実施事業

 公益目的事業に基づく広報活動、研究助成、地域活性化支援及び防災活動支援について、コロナ禍における時代のすう勢を意識しながら下記方針による充実した取り組みを行う。


1.社会資本整備に関する広報活動事業

 (1)広報活動等事業

 建設事業や国土開発に関する全国行事等へ支援を行うとともに、九州地域の建設事業や国土開発の普及・広報活動を行う各団体へ公募による支援を行う。


 (2)講習会等事業及び九州建設資料館運営事業

 更なる本部資料室「KMAプラザ」の利活用推進とともに、コロナ禍に配慮したWeb受講による政策セミナーや講習会の開催に努める。


2. 建設事業の推進及び普及のための調査研究事業

 (1)調査研究事業

 令和2年度に引き続き、更なる土木遺産の利活用策検討向けたWGや委員会の開催とともに、近年の激甚災害等に鑑みた災害履歴の補填調査やプロジェクト九州全巻(Ⅰ~Ⅸ)のホームページアップを進める。


 (2)研究等助成事業

 若手研究者が行う研究や次代を担う人材の教育を目的として、調査研究及び人材育成事業について、引き続き公募による助成を行う。


3. 地域活性化等支援事業

 コロナ禍のなか、九州地域の特性を生かし、活動活性化に向けた計画的な実施内容等の見直しについて配慮しながら、引き続き公募による支援を行う。


4. 防災活動等支援事業

 現在、平成29年7月九州北部豪雨や令和2年7月豪雨などの九州において頻発する広域かつ激甚な洪水、更には東九州における「南海トラフ地震」への脅威が懸念されている。
このため、引き続き九州防災エキスパート会への活動支援を行うとともに、地域ニーズに合った地域防災活動等につながる取り組みについても支援を行う。
 また、平成29年九州北部豪雨の被災自治体である朝倉市に対して、災害復旧事業収束に向けた技術支援に努める。


Ⅱ その他(収益)事業

 収益事業について、河川、道路等の分野において、地域づくりをサポートする業務に引き続き取り組む他、協会が実施するにふさわしい事業及び建設事業推進に寄与する事業についても引き続き取り組む。


1.土木コンサルタント等業務

  • 道路事業監理業務、河川管理施設監理検討業務、河川激特事業監理支援業務


2.人材育成・活用等業務

  • 現場技術業務等に従事するコンサルタント実務者のスキルアップ支援等現場技術業務等


3.建設事業推進に寄与する事業

  • 国土建設行政に係る資格試験の運営業務等の実施
  • 建設事業に関する図書等の販売及び保険業務等の実施