公益事業

4 地域資源の活用による地域活性化活動支援事業

 身近な公共空間である「みち」を舞台に、九州地方の地域資源(景観、自然、歴史、文化、考古、食・産物、祭り等)を最大限活用し、暮らす人々、訪れる人々にとって魅力的な九州を実現することを目的として、地域住民等の「美しい道づくり」への積極的な参加と地域住民と行政との協働により、地域の魅力を発掘、維持、発展させる多様な主体(地域住民、NPO、町内会・自治会等)の取り組みに対して、当協会は九州風景街道に関する支援施策を企画・立案し、その推進を図る九州風景街道推進会議に参画し、その諸活動を支援しています。
 平成27年度は9団体の活動を支援しました。


平成27年度「 玄海灘風景街道」
 玄界灘風景街道パートナーシップ推進会議
【事業の内容】
  • 「歩く唐津街道の旅」活動
  • 九州風景街道推進会議等における活動報告
  • 虹の松原の保全活動
【事業の効果】
 当事業の実施により、道路の歩行環境に対する課題啓発の機会・共通認識の場を参加者に提供することができた。
 支援費の活用による参加グッズの提供は好評を博し、この事業のPR活動にも利用された。
 虹の松原を守る取り組みを体験することで、郷土の宝を守り、次世代へつなぐ人材の育成ができた。
日本風景街道
「九州横断の道やまなみハイウェイ」
 九州横断の道やまなみハイウェイ協議会
【事業の内容】
  • 野焼きの実施
  • 花植え活動
  • 通りの名前を活用した道案内
  • ウェブサイト「まちナビ」の運営
【事業の効果】
 公益事業の支援を得て、ボランティアだけでは対応できないチェンソーを使用する危険作業を実施することができ、野焼きの復元を阻んでいた樹木の伐採・撤去を行うことで、野焼きの範囲を拡大し、草原景観の復活に寄与することができた。
 公共施設に花を植栽することで、環境美化や景観向上など地域住民の環境に対する意識を高めた。
美しい風景づくり
 九州風景街道「阿蘇くまもと路」戦略会議
【事業の内容】
  • 城下町の風情の再生活動
  • 宿場町の復元等活動
  • 豊後街道沿いの交流及び連携の推進活動
  • 阿蘇の草原や阿蘇全域にわたる景観の保全活動
  • 豊後街道道歩き実施
【事業の効果】
 「道歩き」を地域の方々の参加を得て実施したことで、地域との交流が生まれた。また風景街道の趣旨についても参加者の理解を促し、認知度を高めることができた。

1つ前のページへもどる
© Copyright 一般社団法人九州地域づくり協会 All Rights Reserved.