• ホーム
  • 組織の概要
  • 公益事業
  • 支援事業
  • 試験のご案内
  • 図書等のご案内
  • 九州建設資料館
  • 採用情報

トップページ

>

公益事業

>

総括一覧

>

河川・道路愛護活動を通じた地域活性化活動支援事業

地域活性化等支援事業

1 河川・道路愛護活動を通じた地域活性化活動支援事業

 川や道を舞台に愛護・啓発等の活動を行うとともに地域イベント等を開催し、地域活性化を図る行政やNPO等諸団体の活動を支援しています。
 平成29年度は行政が活動主体(事務局)及びNPO等の団体が活動主体となった4事業を支援しました。

第15回 和水川舟ペーロン大会

 和水川舟ペーロン大会実行委員会

【事業の内容】
  • 小学生の部・中学生の部・高校生の部・女性の部・分館の部・一般の部の6部門に分かれ、菊池川にて計30チームによる川舟ペーロン大会を実施
【事業の効果】

 小中学生は近年、川に触れ合う機会が減少している中で、この大会を通して菊池川を知り、川に親しむいい機会を持つことができた。  児童・生徒と地域の方々が大会を通して面識が増え、大会の外でも学校行事や地域活動を行う上でプラスになっている。



河川愛護活動

 小島校区まちづくり委員会

【事業の内容】
  • スカイフェスティバル開催
  • 小島公園桜管理
  • 白川河川敷清掃活動
  • 水防災行事
  • どんとやの実施
【事業の効果】

 スカイフェスティバルやどんとや等、地域のイベントに白川河川敷を活用することで、河川敷が地域住民の集う場であることを認識させ、愛護意識が住民のあいだに定着してきている。
 旧白川河川跡の小島公園は、平成15年に桜を植栽し、今では地域の桜の名所となっている。