• ホーム
  • 組織の概要
  • 公益事業
  • 支援事業
  • 試験のご案内
  • 図書等のご案内
  • 九州建設資料館
  • 採用情報

トップページ

>

公益事業

>

総括一覧

>

河川・道路愛護活動を通じた地域活性化活動支援事業

地域活性化等支援事業

1 河川・道路愛護活動を通じた地域活性化活動支援事業

 川や道を舞台に愛護・啓発等の活動を行うとともに地域イベント等を開催し、地域活性化を図る行政やNPO等諸団体の活動を支援しています。
 平成28年度は行政が活動主体(事務局)及びNPO等の団体が活動主体となった5事業を支援しました。

第14回和水川舟ペーロン大会

 和水川舟ペーロン大会実行委員会

【事業の内容】
  • 小学生の部・中学生の部・高校生の部・女性の部・分館の部・一般の部の6部門に分かれ、計36チームによる川船ペーロン大会開催
【事業の効果】

 地域ごとにチームを組み、力を合わせて大会に臨むことにより地域の連帯感が一層強まった。
 各地域(行政区)・小学校・企業間等で交流が広がり、地域の活性化につながった。
 大会を通じ、河川の重要性や自然とのつながりを考えるいい機会になった。



「道の駅」竜北ウォーキング2016

 「道の駅」竜北ウォーキング実行委員会

【事業の内容】
  • 竜北公園をスタート・ゴールに氷川町内2コースを巡るウォーキング開催
【事業の効果】

 県内の「道の駅」にポスターとパンフレットを設置したことで、町内をはじめ、九州一円から参加があった。
 町内外の人が豊かな自然環境の中、一同に歩くことで親睦を深めることができ、有意義であった。
 「道の駅」竜北物産館では、地元特産品の販売等で大いに賑わい、氷川町の魅力をアピールできた。



河川愛護活動

 白川の清流と緑を護る会

【事業の内容】
  • 第13回「しらかわの日」清掃活動に参加
  • "どんどや"の実施
【事業の効果】

 地域住民や各種団体等(若者が多い)の参加も増え、清掃に対する意識が年々高まっている。これにより河川敷周辺のゴミの減少傾向が見られるようになった。