• ホーム
  • 組織の概要
  • 公益事業
  • 支援事業
  • 試験のご案内
  • 図書等のご案内
  • 九州建設資料館
  • 採用情報

トップページ

>

公益事業

>

総括一覧

>

人材育成に関する助成事業

研究等助成事業

2 人材育成に関する助成事業

人材育成

 社会が国際化、情報化するのに伴い、国民のニーズが多様化する中、適切な国土管理及び円滑な社会資本整備を進めるうえで、河川、道路、環境工学、防災、構造物維持管理、環境デザイン等をテーマとして、実践的な人材育成や教育を行う九州地区の大学、工業高等専門学校、工業高等学校、団体等を対象に募集し、大学等が複数又は地域と連携し実施する取り組み費用を助成する事業です。平成29年度は1大学、2法人・団体の事業に支援を行っています。
 今回の人材育成助成は、大学が西日本高速道路(株)九州支社(NEXCO西日本)と連携して取り組む事業で、内容は舗装工事の基礎知識と施工の流れ、舗装材料と品質管理に関する講義、舗装補修計画立案実習や現地舗装状況の調査を実施し、高速道路業務の理解促進、ならびに技術交流・情報交換を行うものです。また、今回の「道路工学実践教室」に参加した学生からは、「高速道路について、舗装の基本的な知識から、実際に行っている室内試験、補修計画など貴重な経験ができた。特に補修計画の立案については、今後、維持管理が主要な業務となるインフラ業界において、役に立つ経験になった」等の声が聞かれ、非常に貴重な体験であったことが報告されています。
 民間法人が実施した夢アイデア交流事業は、2002年から始まり今年で15回目を迎えています。参加地域も九州各県のほか全国に広がっており、今回初めて留学生からのエントリーがあるなど、国際化の方向へも進展しつつあります。
 平成29年度の提案は、まちおこし、交通、環境、子育て、福祉、景観、防災等、内容も対象も幅広い分野から届き、応募作品36編の中から10作品が直接発表され、活発な質疑応答が行われたことが報告されています。
 “KABSE”学生研修会事業では、実社会で活躍する社会人から学生に対し、道路や橋梁をはじめとした社会基盤設備の重要性・現状・今後の展望について紹介。若手・中堅技術者・女性技術者の生の声を聴講・討議できたことは、学生にとって大変有意義な研修会であったことが報告されています。


平成29年度 研究等助成申請 人材育成決定者一覧表

平成29年度 研究等助成申請 人材育成決定者一覧表

●地域の夢・アイデア交流事業 実行委員会

地域の夢・アイデア交流事業 実行委員会

● 九州大学大学院 工学研究院 建設システム工学専攻

九州大学大学院 工学研究院 建設システム工学専攻

●一般社団法人 九州橋梁・構造工学研究会

一般社団法人九州橋梁・構造工学研究会