• ホーム
  • 組織の概要
  • 公益事業
  • 支援事業
  • 試験のご案内
  • 図書等のご案内
  • 九州建設資料館
  • 採用情報

トップページ

>

公益事業

>

総括一覧

>

大学等への研究助成事業

研究等助成事業

1 大学等への研究助成事業

研究開発

1.趣旨

 国際化、情報化等の進展に伴い、国民のニーズが多様化する中で、適切な国土管理及び円滑な社会資本整備の進め方などに寄与するために、土木技術、資源の循環、環境システム等のハード及びソフト両面についての研究開発を、若手研究者の育成も兼ねて、九州地区の大学・工業高等専門学校に対して募集し、それに要する費用を助成するものです。


2.募集テーマ

1)一般テーマ
 土木技術、資源の循環システム、環境対策、地球温暖化対策、新分野の取り組み等のハード及びソフト両面についての研究開発。


2)特定テーマ

①防災、減災対策
 最近、至る所で頻発する自然災害、人的災害をはじめ、市民生活には様々なリスクが存在します。その中で「安全、安心の地域づくり」を進めるためには、円滑かつ的確な対応が求められています。 これらに対する、ハード及びソフト両面からの分析、評価、対応、今後の進め方等についての調査研究。


②地域の活性化・再生
人口の減少、高齢化や産業の衰退などにより悩む地域の活性化、地域の自立を図る基盤整備、魅力ある観光地の創出、よりコンパクトな市街地への再生、コミュニティによる活力あるまちづくりなどが求められています。
そこで

  • 社会的課題解決に向けた住民、NPO、大学、行政が連携して、取り組むまちづくり
  • 観光などの産業振興や高齢社会を支援する社会資本づくりとそのあり方
  • 地方創生、過疎地域の活性化対策

などの幅広い分野におけるハード及びソフト両面からの調査研究。


③インフラの老朽化対策
 政府は2013年を「社会資本メンテナンス元年」と位置づけ、これまでにインフラ長寿命化基本計画、行動計画や具体的な点検・修繕計画を策定してきています。
 現在は、これらの維持管理を中心に「インフラ情報重点5カ年」と位置付け持続的な維持管理体制の確立をめざしています。
 こうした中、今後堅実に維持管理しうる新しい制度、仕組みが求められています。例えば、技術面では、効率的な調査・点検・モニタリングシステムの方法、新材料・新工法を使った補修方法などにより、コスト縮減、長寿命化を図ることが求められています。
 インフラの老朽化対策に向けてのハード及びソフト両面からの調査研究。



熊本地震関連調査研究

1.趣旨

 先般発生した熊本地震において、地震発生のメカニズム、地震構造、交通インフラ、生活供給施設等、様々な場面での現地調査を受け、復旧・復興に向けた取り組み、さらに被災状況等が、これまで各地で多くの学術団体等から報告がされています。このもと、今回の地震を受け、予断を許さない地震防災という枠組みに関し、次に繋がる様々な場面での調査・研究・分析が急がれるところです。
 こうした動きを踏まえ、復旧・復興あるいは今後の地震災害への手掛かりとなる調査・研究・分析に取り組む九州地区の大学・工業高等専門学校に対して募集しました。


2.募集テーマ

〈熊本地震を機にした地震防災対策〉
 東日本大地震における津波や震度7の地震に2度見舞われた熊本地震などの発生状況は、各地で様々です。よって、地震防災という大枠の中で、社会インフラの役割とそれを預かる関係機関の備え方や市民意識への働きかけ、さらにはボランティアのあり方など、多くの切り口から題材を求めました。


研究開発応募件数(熊本地震研究等助成申請も含む)

1)テーマ別(特定テーマ/一般テーマ)

テーマ別(特定テーマ/一般テーマ)

2)テーマ別応募件数

テーマ別応募件数

平成28年度 研究等助成申請 研究開発採択一覧表

平成28年度 研究等助成申請 研究開発採択一覧表

平成28年度 熊本地震研究等助成申請 採択一覧表

平成28年度 熊本地震研究等助成申請 採択一覧表

平成27年度 研究助成成果発表会

 平成15年度から研究助成事業を開始しましたが、研究助成成果発表会は昨年度に続き3回目の開催でした。
なお参加者は当協会のHPで募集を行いました。

平成27年度 研究助成成果発表会