• ホーム
  • 組織の概要
  • 公益事業
  • 支援事業
  • 試験のご案内
  • 図書等のご案内
  • 九州建設資料館
  • 採用情報

トップページ

>

公益事業

>

総括一覧

>

大学等への研究助成事業

研究等助成事業

1 大学等への研究助成事業

研究開発

1.趣旨

 国際化、情報化等の進展に伴い、国民のニーズが多様化する中で、適切な国土管理及び円滑な社会資本整備の進め方などに寄与するために、土木技術、資源の循環、環境システム等のハード及びソフト両面についての研究開発を、若手研究者の育成も兼ねて、九州地区の大学・工業高等専門学校に対して募集し、それに要する費用を助成するものです。


2.募集テーマ

1)一般テーマ
 土木技術、資源の循環システム、環境対策、地球温暖化対策、防災、減災対策、新分野の取り組み等のハード及びソフト両面についての研究開発。


2)特定テーマ

①地域の活性化・再生
 人口の減少、高齢化や産業の衰退などにより悩む地域の活性化、地域の自立を図る基盤整備、魅力ある観光地の創出、よりコンパクトな市街地への再生、コミュニティによる活力あるまちづくりなどが求められています。
そこで

  1. 社会的課題解決に向けた住民、NPO、大学、行政が連携して、取り組むまちづくり
  2. 観光などの産業振興や高齢社会を支援する社会資本づくりとそのあり方
  3. 地方創生、過疎地域の活性化対策

などの幅広い分野におけるハード及びソフト両面からの調査研究。


②インフラの老朽化対策及び生産性向上方策
 政府は2013年を「社会資本メンテナンス元年」と位置づけ、これまでにインフラ長寿命化基本計画、行動計画や具体的な点検・修繕計画を策定してきています。
 現在は、これらの維持管理を中心に「インフラ情報重点5カ年」と位置付け持続的な維持管理体制の確立をめざしています。
 さらに国土交通省では、2016年を「※生産性革命元年」と位置付け、社会全体の生産性向上につながるストック効果の高いインフラ整備・活用や、関連産業の生産性向上、新市場の開拓を支える取組を加速しています。
 これを踏まえたインフラの老朽化対策における堅実な取組み及び生産性向上方策の取組みに対するハード及びソフト両面からの調査研究。
 ※国土交通省HP(http://www.mlit.go.jp/)
 「国土交通省生産性革命プロジェクト」にてパンフがダウンロード出来ます)


③九州地域における地震防災・減災対策
 熊本地震を機にした地震防災という大枠の中で、九州地域におけるハード対策及びソフト対策として社会インフラの役割とそれを預かる関係機関の備え方や市民意識への働きかけ、さらにはボランティアのあり方など、多くの切り口からの調査・研究・分析。



研究開発応募件数

1)応募者別(特定テーマ/一般テーマ)

応募者別(特定テーマ/一般テーマ)

2)テーマ別応募件数

テーマ別応募件数

平成29年度 研究等助成申請 研究開発採択一覧表

平成29年度 研究等助成申請 研究開発採択一覧表

平成29年度 研究等助成審議委員会

 応募された案件については、実現性や研究開発による効果等の観点から学識経験者、有識者等で構成された審議委員会において審査を行い、助成対象者を選定します。

平成29年度 研究等助成審議委員会

平成28年度 研究助成成果発表会 (平成29年8月25日(金))

 平成15年度から研究助成事業を開始しましたが、研究助成成果発表会は昨年度に続き4回目の開催でした。

平成28年度 研究助成成果発表会