• ホーム
  • 組織の概要
  • 公益事業
  • 支援事業
  • 試験のご案内
  • 図書等のご案内
  • 九州建設資料館
  • 採用情報

トップページ

>

公益事業

>

総括一覧

>

九州災害履歴調査研究

建設事業の推進及び普及のための調査研究事業

3 九州災害履歴調査研究

 九州地方は、大規模かつ多様な災害から教訓を得て、様々なことを学んできました。
 社会資本整備を進める一方で、国民自らが災害による被害を軽減するために、ソフト面の取り組みを強化し、多重の防御を進めていくことが重要です。
 しかし、一方で地域における人と人とのつながりが希薄化する中では、災害の教訓は、伝えにくく、また過去の災害に関する資料が継承されずに、十分に活用されていない状況も見受けられます。
 そのため、過年度発生した地震、津波、火山災害及び風水害に関する調査結果を平成24年度より収録し、引続き災害情報WEBサイト「九州災害履歴情報データベース」として公開、提供しています。平成28年度は、先般の熊本地震災害に関する情報を中心に記録をまとめ、次年度に追録する予定です。


●九州災害履歴情報データベース 「トップページ」

九州災害履歴情報データベース「トップページ」

●九州災害履歴情報データベース 「地図から検索」

九州災害履歴情報データベース 「地図から検索」

●九州災害履歴情報データベース 「年表から検索」

九州災害履歴情報データベース 「年表から検索」

●九州災害履歴情報データベース 「検索結果(災害の概要)」

九州災害履歴情報データベース 「検索結果(災害の概要)」