• ホーム
  • 組織の概要
  • 公益事業
  • 支援事業
  • 試験のご案内
  • 図書等のご案内
  • 九州建設資料館
  • 採用情報

トップページ

>

公益事業

>

総括一覧

>

土木遺産調査研究

建設事業の推進及び普及のための調査研究事業

2 九州地域の社会資本整備の歴史

 本事業は、土木遺産の中から主要なものを選び、建設に携わった先人達にスポットを当てた取り組みです。
 これまでの技術的な観点だけでなく、これらの施設に長年かかわってきた担当技術者等の努力、地域の方々の協力等により成し遂げられた実現のドラマを「新土木遺産プロジェクト・九州」として取り纏め、平成23年6月に第一巻、平成24年6月に第二巻、平成25年9月に第三巻、平成26年10月に第四巻、平成27年11月に第五巻を発行しました。
 今回発刊しました第六巻は、土木遺産建設の中で戦後、九州の本格的な道づくりに奮闘した土木技術者達を取り上げています。
 山岳や峠の険しい地形と複雑な地質に不屈の挑戦をしている土木技術者の実像、「人と技術と情熱の物語」です。
 なお、平成27年度までに、発刊を行った第一巻から第五巻は、九州各県・政令市の土木部局や図書館、九州内の大学、工業高等専門学校へ寄贈を行っています。
 この度の第六巻についても前回と同様に寄贈する予定です。また、先般の熊本地震に関する復旧ドキュメントをモチーフにした第七巻も予定しています。


プロジェクト九州 第一巻から第六巻