• ホーム
  • 組織の概要
  • 公益事業
  • 支援事業
  • 試験のご案内
  • 図書等のご案内
  • 九州建設資料館
  • 採用情報

トップページ

>

公益事業

>

総括一覧

>

九州建設資料館運営事業

社会資本整備に関する広報活動事業

3 講習会等事業

 講習会等事業は、河川・道路・地域づくり・防災等社会資本整備に関する講習会等の開催や他団体による講演等に対する支援を通じて、広く一般の方々を対象に社会資本に対する理解を深めていただくために行う事業です。


[平成28年度に催した講演会]

 第1回 地域づくり政策セミナー「熊本地震とインフラ」

  • 日時:平成28年11月10日(木)14:00~16:30
  • 場所:電気ビル共創館3F カンファレンスA


【講演内容】

 基調講演では(公財)九州経済調査協会の片山様から災害時の生産流通活動と複合的なネットワークの必要性が紹介されました。次に被災地での活動として、夢サークル代表者の吉水様から災害ボランティア活動の姿 勢、大分県竹田市福祉協議会の水野様から南阿蘇への後方支援活動、結びに整備局の小平企画部長から、被災後の復旧活動について、それぞれ報告がありました。今回のセミナーでは、改めて復旧活動や人的・物的支援に社会資本のストックが寄与したことを痛感しました。






 第2回 地域づくり政策セミナー「地域活性化とインフラ」

  • 日時:平成29年2月2日(木)14:00~16:30
  • 場所:電気ビル共創館4F みらいホール


【講演内容】

 インフラ整備やその活用によって地域がどう変わるのかを行政、産業界のオピニオンリーダーの方々から知見を戴きました。国交省の森技監から、生産性の向上で地域を元気にする施策紹介後、トヨタ自動車九州の馬場氏、ダイハツ九州の近藤氏から、生産流通活動に欠かせない物流ネットワークについて語って戴きました。次に宮崎県・河野知事が「暮らしと経済を支えるインフラ」について、多様な切り口で、最近開通した東九州道による経済活動の促進事例や沿道修景を題材にしたインフラ磨きを熱く語って戴きました。結びに、協会の公益目的事業から様々なインフラ支援について報告いたしました。