• ホーム
  • 組織の概要
  • 公益事業
  • 支援事業
  • 試験のご案内
  • 図書等のご案内
  • 九州建設資料館
  • 採用情報

トップページ

>

公益事業

>

総括一覧

>

広報活動等事業

社会資本整備に関する広報活動事業

1 広報活動等事業

 社会資本の整備・利活用に向けたフォーラムやイベントにより、地域活性化・啓発活動につながる事業及び中央で開催の「国土交通Day」、「川の日」等への協賛や小・中学校で実施されている「交通事故防止キャンペーン」等に図書を寄贈しています。
 また、当協会が支援している河川、道路、地域づくり等に関する支援活動の広報誌「公益事業パンフレット」や研究助成活動の成果を冊子等にて公表しています。
 また、地域住民へ河川、道路、地域づくりなどの理解を深める啓発活動(広報・学習活動等)を行う委員会やNPO等の市民団体に対して支援するため、WEBサイトで一般公募し、平成28年度は18団体の事業に対して支援を行いました。
 国の機関、県、大学及び民間企業の団体等で組織された土木の日実行委員会では、土木の仕事や役割、防災に対する理解等、イメージアップを図る広報活動、NPO法人が実施した「緑でつなぐ国体道路花いっぱい運動」、22回目を迎えた「I  LOVE遠賀川活動事業」、九州各地で道の清掃、美化等を組織的に取り組んでいる「道守会議」等の活動に対する成果が報告されています。


全国行事

■平成28年度 「国土交通Day」 / 平成28年7月16日

フォトコンテスト(国土交通Day)

フォトコンテスト(国土交通Day)


■平成28年度 「川の日」 / 平成28年7月7日

フォトコンテスト/「川の日」受賞作品

図書等の配布

交通事故防止キャンペーン

交通事故防止キャンペーン


公益事業パンフレット/研究成果図書

海の中道「フラワーピクニック2016」

 海の中道フラワーピクニック実行委員会

【事業の内容】

  • 花修景・出展・展示花壇
  • うみなかフラワーガーデン・コンテスト実施
  • 花や自然を気軽に楽しむイベント等開催
  • 広報等活動

【事業の効果】

 品種の組み合わせの工夫や多様化等による花修景の更なる充実に取り組んだ結果、来場者の反応は好評を博し、イベント期間中の入園者数は過去最高を記録した。
 公園以外の地域情報を満載したチラシの作成や地元のNPO・旅館組合とのコラボレーション「金印探訪」の開催により、地域連携の再構築を育むことができた。


みちづくしin 鹿児島2016

 みちづくしin 鹿児島2016実行委員会

【事業の内容】

  • 道守九州会議交流会開催
  • 交流集会開催
  • 現地体験学習会実施

【事業の効果】

 道を守るための活動報告や情報交換を行うことで、自らの活動に役立てようとする機運が盛り上がった。
 現地体験学習を通じ、地域の資源に触れてもらうことで、参加者に地域の魅力をPRすることができた。


道守活動

 道守柳川ネットワーク

【事業の内容】

  • 全体会議の開催
  • 年2回の清掃活動
  • 「道」をテーマにした勉強会や現地見学会

【事業の効果】

 さげもん祭りの時期に行われる清掃活動は、掘割清掃と共催することで、市をあげての「おもてなし日本一運動」として大きな活動となっている。
 道路掘割清掃に地元高校生がボランティア活動として参加することで、ゴミのポイ捨てに対する意識の改善や郷土を愛する心を育てるなど、青少年の育成に貢献した。


道守支援事業

 特定非営利活動法人道守長崎

【事業の内容】

  • 道守九州会議との連携事業
  • 道守長崎情報交流事業
  • 花植え、道路清掃活動

【事業の効果】

 道守交流会を開催することで、各団体との情報交換を行い、今後の活動の励みとなった。
 道路清掃活動や花植え活動により、地域の美化啓発につながり、きれいなまちづくりに貢献した。


緑でつなぐ国体道路 道路空間の利活用

 特定非営利活動法人はかた夢松原の会

【事業の内容】

  • 国体道路における道路空間の利活用等調査及び提言
  • 花壇の設置や花植え等による景観向上活動

【事業の効果】

 国体道路の景観向上に寄与でき、安心・安全で快適な歩道空間を創出した。
 大学生の参加で若者たちに環境教育が実践できた。
 地域住民の意識が高まり、他の環境団体と交流する中で、さまざまな会合で発表する機会を得、充実した広報活動ができた。


土木の日 熊本行事

 「土木の日」熊本実行委員会

【事業の内容】

  • 土木の日バスツアー「熊本の土木工事現場見学会」
  • 2016みなと八代フェスティバルにてパネル展示
  • 各種市民対象イベント開催
  • 土木の日ホームページ維持管理 等

【事業の効果】

 参加者に対し「土木の日」についてアピールすることで、土木についての理解を深めることができた。


第30回 宮崎「橋の日」イベント事業

 宮崎「橋の日」実行委員会

【事業の内容】

  • 橋の日イベントの実施
  • 土木遺産見学ツアーの実施
  • 活動30周年記念シンポジウムの開催
  • 土木の日パネル展への出展
  • 「とんところ地震」の紙芝居上演

【事業の効果】

 橘橋の「橋磨」や「献花」を通して、地域の橋や河川への愛護精神を高めることができた。


平成28年度 宮崎県内道守活動支援事業

 道守みやざき会議

【事業の内容】

  • 「道守一斉活動」として植栽・清掃活動実施
  • 「まちんなかフラワーパーク2016春・秋の植栽」活動
  • 「道守みやざき交流会2016」の開催
  • 「みやざきフラワーマンス2017」に県央ブロックが参画

【事業の効果】

 植栽イベントや交流会、みちづくしへの参加は、道守さん同士の情報交換の場となっており、大変有意義であった。
 「道守みやざき交流会」では、会場近くの道の駅にて植栽を行い、一般の方へ道守活動を紹介することができた。


第16回 九州「川」のワークショップin遠賀川

 第16回九州「川」のワークショップin遠賀川実行委員会

【事業の内容】

  • ステージ発表(子どもの部・一般の部)
  • 全体交流会
  • 発表者・アピールタイム
  • 講演(トークセッション)
  • 撥川見学会

【事業の効果】

 流域内外での交流が行われ、さまざまな情報を収集することができ、有意義な大会となった。
 大学生に運営スタッフとしてワークショップに参加してもらっているが、次世代への人材育成を図るという目的の1つを達成することができた。
 今後の活動を継続させるために、次世代に対し河川への思いを伝えることの大切さを参加者全員で共有できた。


I LOVE 遠賀川活動

 NPO法人 遠賀川流域住民の会

【事業の内容】

  • 第15回芦屋・若松海岸クリーンキャンペーン実施
  • 遠賀川視察研修交流会

【事業の効果】

 クリーンキャンペーンには各方面から多数参加があり、また今回は、小学生や高校生の参加もあって、活動の裾野が広がってきている。
 宮若市で活動されている5団体への視察研修会では、ふるさとの川の保全、河川環境学習会などすばらしい活動をされており、貴重な情報交換ができた。


佐賀水ネット支援事業

 佐賀水ネット

【事業の内容】

  • さがため池サミット「水辺のまちづくりシンポジウム」開催
  • 川のワークショップ(岡山県)参加
  • 九州「川」のワークショップ(黒崎)参加

【事業の効果】

 流域を超えて会員間の連携を深めることができ、全体の活動が活性化した。
 ため池を有効利用した減災対策を学ぶことで、既存施設の有効利用や実体に即した管理方法を学ぶことができた。
 地域や市民に豊かな地域資源の再発見と地域づくりへの関心を高めることができた。



社会を支え、暮らしの安全に貢献する土木事業



 「土木の日」をきっかけに、社会基盤を整備する土木事業の重要性を理解してもらう活動を進めています。具体的には(1)小学生を対象にしたミニ講座と現場見学会(2)宮崎県内11地区の小学校での「土木の日」PR活動(3)商業施設でのパネル展示と模型実験などを行いました。
 現場見学会では、実際に土木工事が行われている現場を訪れ、その過程や技術、苦労することなどを小学生に実感してもらい、土木事業が社会を支え、暮らしの安全に貢献していることを学んでもらいました。この他、出前講座や重機試乗体験、砂防ダムの模型実験など、内容を工夫して土木の重要性をアピールし、好評を博しました。協会からの支援は会場費やイベント運営費として活用しています。